Twitter現金プレゼントの目的 実際に応募してみた

現金プレゼント お役立ち情報

Twitterのタイムラインで現金プレゼントが当たったというツイートを多く目にするようになりました。

これは本当にもらえることがあるんでしょうか。

実態と目的を調べてみました。

Twitter現金プレゼント企画 実際に応募してみた

   

1. ツイート内容

私が応募してみたツイートはこんな感じでした。(個人が特定できるようなところは隠しました。)

フォロワー数がまだ少ないアカウントで、当選確率が高いと書いてあり、人を集めていたのが特徴的でしたよ!

現金プレゼントのツイート

 

2. 信憑性を上げる方法

私が見たときには既に第一回の企画、配布が既に終わった後でした。

そのため企画者のTwitter上には実際に第一回配布で現金プレゼント当たった人たちのツイートが引用リツイートされていました。

それに対して企画者がコメントをしていたため、より信憑性があるように思えました。

    

また、多くの場合大体紹介文に社長、投資家、資産家などと書き、札束の写真付きでツイートをし、本当のお金持ちかのように見せています

ただ実際は札束の画像など検索すれば出てくるため、いくらでも使い回しが出来ます

もっと手が込んでいて企画者が撮った画像だとしても、表面の数枚以外偽札の可能性だって大いにありますので画像があるからといって本物のお金持ちだとはわかりません。

   

3.抽選方法

企画者は、第一回の当選方法はスピード勝負で早かった人から選んで送金したとツイートしていました。

しかしある女の子から連絡(DM)をもらい平等にやるべきだと言われたといい、抽選方法を変えると言いました。

そしてその日、応募していた私に企画者から送られてきたDMがこちらです。

Twitter現金プレゼントのツイート

  

黒塗りのところには短縮URLがあり、既にあやしさがプンプンです。記事を書くために意を決して押してみると、、

なんと突然LINEの友達追加画面になりました。

    

 4. いざLineを交換

そしてURLのリンクからLineを追加しました。

そうすると自動的に4通のメッセージが送られきました。

追加した瞬間にメッセージが送られてくる時点でかなりあやしかったよ。

    

個人が特定されないようにアイコンやURLを隠した画像をご紹介します。

まず最初のメッセージ二つがこちらです。

Twitter現金プレゼント企画の本当の目的、抽選のためのライン

抽選するだけのつもりのはずが、なぜかアンケートに登録しなければならないようです。

二つ目のメッセージを読むとアプリのダウンロード、登録まで勧められています。

    

そして次に送られてきたのが

Twitter現金プレゼント企画の本当の目的

これです。省略しましたがこの「お願いなんだけど…」の上にはサイト名とそのURLが載っていました。

黒塗りで消したところはそのサイトの紹介と簡易リンクになってました。

   

そして最後のメッセージが

Twitter現金プレゼントでの怪しいDM

このようでした。

本来なら抽選するだけでいいはずなのに色々登録しなければならないのはおかしい気がしました。

果たして言われた通りにやったら本当に抽選され現金をプレゼントしてもらえるかどうかを判断するために、今までの経緯を改めて検証してみました。

  

検証

色々検証してみると怪しい点がたーくさん出てきました。

   

①当選したアカウントについて

私が参加できなかった第一回の企画で当選してお金をもらったというTwitterアカウントの登録日が決まってほぼ今月、あるいは先月で、

ツイート数も20、30程度、

しかもツイート内容も企画者との絡み以外、決まってほとんどリツイートばかりという怪しいアカウントでした。

この時点で本当に当選者がいるかどうかがかなり怪しい気がしてきました。

 

②企画者のアカウントについて

企画者のTwitterアカウント開設日を見ると今月でこのためだけに開設されたようでした。

この時点で企画者のアカウント自体怪しいですね。

 

③他サイトへの誘導

これが今回私がこの現金プレゼント企画があやしいと思った決定打でした。

DMで平等に抽選を行うためと誘導されたLineのアカウントで、

なぜかアンケートに4つも登録し、また企画者が開発したといわれるアプリをダウンロードして、

登録しなければ抽選に参加することさえ出来ないということでした。

ブログでアフィリエイトをやっている方ならすぐピンと来たと思いますが、これは完全にアフィリエイトへの誘導ですよね。

恐らく4件のアンケートサイトへの登録100円から数100円、アプリのダウンロードでも数十円から数100円で、このいわゆる抽選の参加条件を満たすだけで企画者は100円〜数百円もらえることになります。

この企画には300近い応募がありましたので、もし全員が登録したとしたらそれだけでも、3万円くらい企画者は手にすることが出来るということです。

 

現金プレゼントをする目的とは

      

1.フォロワーが増える

この手のツイートでは必ずリプライとともにフォロー,リツイートをすることを義務付けています。

それによって自動的に拡散され、フォロワーが増えていきます。

いくつか検索したアカウントではTwitter登録日が最近であるにも関わらず、1万越えのフォロワーや10万越えのフォロワーがいました。

また、アカウント名、紹介文は一緒にも関わらず複数アカウントで同じことをつぶやき、フォロワー数を集めているアカウントがあります。本当にまともな人がお金をプレゼントしようとしたら、意味もなく複数アカウント作ってつぶやきませんよね、、?

   

ではフォロワー数を集めたTwitterアカウントをどんな目的のために作っているか気になりますよね。

もちろん違法なのですが、

フォロワー数、数万人単位のTwitterのアカウントは数万円〜数10万円単位という高値で取引されています。

このため現金をプレゼントすると言ってフォロワー数を集めてアカウントを売り捌く、

というようなことをしているパターンがほとんどだと思います。

 

2.当選したように見せかけて、、

当選したように見せかけて、怪しいサイトやメルマガに登録させる。

実際にこういうケースがありました。

多くの人が当選したと思っているので実際に誘導された通り登録し、

企画者はサイト登録によりお金儲けをします。

 

3.個人情報を抜きとる

DMで口座番号や住所、ラインなどの個人情報を聞き、その上でお金を振り込むと言い、情報だけを抜き取ります。個人情報はネット社会の現代では当然大きな価値があります。

 

結論: 大金はもらえない

こういったことから

Twitterの現金プレゼント企画で本当に現金がもらえる可能性はほぼない

と断言出来ます。

そもそもまず普通の資産家は、苦労して、精神をすり減らして貯めたお金を見ず知らずの、顔も見たことない人にあげようとは思わないからです。

また、フォロワーを増やしたい資産家の人でも、本当に資産がある人なら自分の本当の実力や知名度でフォロワーは増やせるはずです。

ちなみに私が応募してみたこのTwitter現金プレゼントの企画者のアカウントはしっかり稼ぎ終えたからなのか、1ヶ月後にはアカウント削除されていました

 

実際に現金を手にできる可能性のあるケース

1. ニュースになった前澤社長のように、実際に社会的に有名な人物が公式アカウントで大々的に行っている。

※2020年7月追記

実際に前澤さんの企画に当選しました!!

   

     

2. アカウント開設日が古く、1万円以内の少額の金額のみを配布しているアカウントぐらいだと思います。

(100万円以上は公式アカウント以外ではほぼないと思います)

実際に小額の現金やギフト券をなんとしてでも手にしたいなら

Youtuberがチャンネル登録者数を増やすためにやっている1000円程度の配布イベントを利用するのがいいのと思います。

これなら企画者のメリットも明確ですしね!

  

いかがだったでしょうか。Twitterは便利でたくさんの有益な情報にも触れられますが、一方で怪しい話もたーくさんあります。

もし応募するとしてもこういったリスク、企画者の利益や目的があることをよくよく考えた上で行動することをおすすめします!

                 

検証動画

私の検証以外にも、Youtubeで検証をしている動画があったので参考に載せておきます。

Twitterの怪しい現金プレゼント企画に応募してみたら大変なことになったから絶対ダメ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました